日本再掀风浪,组建黑客军团,监视中国。

eleval  626天前

看看日本国防白皮书如何抹黑中国

日本国一直是亚洲,尤其是中国的一大隐患。最近具小编本人观察,日本国在网络战争中下了很大的力量。进行组建,演戏网络战争。同美国频繁进行军事演习。有很大的反常现象。下面和小编一起看一看日本最新的战争准备。

 

日本东京举办网络攻击演习


image.png

日本和美国9月10日在东京举办了为期五天的演习,参与者包括来自日本、美国、东盟、韩国和印度的政府官员。日本官员在演习期间解释了黑客针对基础设施发起攻击的方式,并强调此类攻击的严重后果。

具小编的观察,日本的政治家的真正意图任然是中国。


image.png

日本国防网上关于网络战役知道的白皮书中第二章,諸外国の政府機関や軍隊などの情報通信ネットワークに対するサイバー攻撃が多発している”翻译“对政府机构和其他国家军队等信息通信网络的网络攻击正在频繁发生”这里指出的“火药味”,可能这个“邻居”并不仅仅在做所谓的“防卫”。

 

  更过分的是これらの一部については、中国の人民解放軍5、情報機関、治安機関、民間ハッカー集団や企業など様々な組織の関与が指摘6されている。また、15(平成27)年5月に発表された中国の国防白書「中国の軍事戦略」7によれば、中国はサイバー戦力の建設を加速させるとしている。さらに、同年12月末、中国における軍改革

翻译对于其中一些,已经指出了中国人民解放军5,信息机构,安全机构,私人黑客团体和公司等各种组织的参与6。根据中国国防白皮书中国的军事战略” 75日宣布,中国表示将加快网络力量的建设。此外,还有人指出,网络战部队是在同年底在中国作为军事改革

显然日本打着对各国信息安全关注的幌子对中国进行了紧密的监视。尤其是开篇矛头直指中国解放军更是让人恨得牙痒。

小编推测,日本在右翼分子一贯的做法一定会抹黑中国。在小编的翻一下,日本本次白皮书的目的也昭然若揭の一環として創設された「戦略支援部隊」のもとにサイバー戦部隊が編成されたとの指摘もある。15(同27)年6月には、米国連邦人事管理局がサイバー攻撃を受け、米連邦職員や米軍軍人などのおよそ2,200万人分の個人情報が窃取されていたことが判明した。これらの攻撃にも中国が関与しているとの指摘9があるが、中国は政府の関与を否定し、中国人ハッカーによる「犯罪」だったと説明している。また、中国はサイバー攻撃により、他国の軍の作戦計画や国家安全保障の意思決定のプロセス、重要インフラなどに関する機微な情報を得ているとの指摘10がなされている。さらに、最近、中国のサイバー攻撃に変化が見られ、多数の素人による攻撃から、少数精鋭かつ専門性の高い攻撃を実施する方向へと変化していると指摘11されている。

先翻译一段小编与大家一起来进行分析一下日本右翼政客的丑恶嘴脸“615日,美国联邦人力资源局遭到网络攻击袭击,结果发现大约2200万人的个人信息,如联邦官员和美国士兵被盗。虽然指出中国也参与了这些袭击9,但中国解释说这是中国黑客否认政府参与的犯罪日本官方白皮书直接对中国使用犯罪的字眼。明显是要将615日,美国莫须有的‘信息被窃’的‘大帽子’要赖到中国政府身上。

小编翻译到这里的推测日本是要将世界范围内的网络攻击都赖到中国身上才会甘心。企图抹黑中国政府在国际上的声誉。

快来伴随小编看看接下来日本政府还能恶劣到什么程度。

【以下为日本国防网的官网截图】


image.png    

また、中国はサイバー攻撃により、他国の軍の作戦計画や国家安全保障の意思決定のプロセス、重要インフラなどに関する機微な情報を得ているとの指摘10がなされている。さらに、最近、中国のサイバー攻撃に変化が見られ、多数の素人による攻撃から、少数精鋭かつ専門性の高い攻撃を実施する方向へと変化していると指摘11されている。

      翻译;看到了中国的网络攻击的变化,从大量的业余的攻击,它指出了改变少数精英和方向进行高度专业化的攻击平成29 的官方白皮书中明显指出中过具有高度专业的攻击能力。


image.png

同时我国的新华社东京方面观察到了日本官方这一“可恶”的举动。光明正大的抹黑中国。渲染:“中国威胁论”。同时小编翻译到这里就已经很表示气愤了。

   【图片来自于官网截图】继续往下翻译


image.png

翻译摘要像俄罗斯,中国,伊朗,朝鲜和非国家行为者作为网络空间的 主 要 威 胁

主要威胁又从何而来,右翼分子简直乱讲。

中国对美国政府也持续进行信息盗取反对这样的盟友和公司,为了稳定国内将他们视为威胁政权的合法性的目标已经进行了网络攻击这句话更是过分,赤裸裸的讲中国对美国的攻击。这些话对中国的恶意中伤,更像是一个奸诈的市井小人对于一个正直的人污蔑。拙劣而没有支撑。而日本政府就是有勇气将这样的话语写在了《国防白皮书》中向世界公开。翻译到这里小编一整反胃,已经压抑不住对日本政府这样不负责的言论的鄙夷。

为了将日本右翼政客的丑陋面目揭示个清楚,小编强忍着怒火继续翻译下去。

原文:3(平成25)年2月の米国情報セキュリティ企業「マンディアント」の「APT1:中国のサイバー諜報部隊の1つを暴露する」は、米国などに対する最も活動的なサイバー攻撃集団は、中国人民解放軍総参謀部第3部(当時)隷下の「61398部隊」であると結論づけている。またサイバー部隊である総参謀部第3部(当時)は、13万人の規模であるとの指摘がある。

翻译摘要:美国信息安全公司于25日发布的“APT 1:指出在中国公开其中一个网络情报部门是针对美国和其他国家,中国人是最活跃的网络攻击组织结论是,在解放军总参谋部(当时)第3部分时,它是编制的“61398单位还有人指出,一般人员部门(当时)的工作人员是一个网络单位,约有13万人。

小编这里用红字标出日本人在书中写出借用美国人的名义,矛头指向中国,说“”中国是最活跃的网络攻击组织者(抱歉在小编心里好像不能将讲出这样书籍言论的部门称为政府各位读者莫怪)小编忍不住想问写着本书的部门,你们的意思就是现在的国际网络混乱都中国背黑锅了。不能忍。同时日本在白皮书中写道中国的网络战斗单位有约13万人。夸大中国网络军队的人数制造恐慌,

  “ 米中経済安全保障再検討委員会の年次報告書(16(平成28)年11月)は、中国は国家安全部と軍の組織によるサイバー諜報に加え、中国の多数の非国家主体が米国を標的としたサイバー諜報を実施している。こうした主体には、政府と契約したハッカー、民間の「愛国ハッカー」、犯罪組織が含まれていると指摘している。

翻译:美中中经济安全审查委员会年度报告指出,除了国家安全部门和军事组织的网络情报外,中国还有许多中国的非国家行为者。我们正在实施针对美国的网络情报。他们指出,这些实体包括与政府签约的黑客,地下爱国者黑客,犯罪组织。

这里日方白皮书中写中国政府雇佣与签约地下黑客,又同时指责他们是犯罪组织。这么幼稚的言论攻击出现在国家的白皮书中。就是拐弯讲中国勾结犯罪组织。作为一名华夏儿女表示这个锅我们不背。

原文7 同国防白書では、「サイバー空間は、経済・社会発展の新たな支柱であり、国の安全保障の新分野である」、「サイバー空間における国際間の戦略競争は日増しに激化しており、多くの国がサイバー空間における軍事力を発展させている」、さらに、「中国はハッカー攻撃の最大の被害国の一つである」などの指摘がなされている。

翻译:““网络空间国际战略之间的竞争日益激化许多国家正在网络空间发展军事力量,并进一步指出中国是黑客攻击最严重的受害国之一上一句话还在讲中国有13万网军,有高度专业化的能力。这句就讲中国是最严重的“受害国”日本政府这口风调转分明要有更难听的话做铺垫。

8 15(平成27)年9月以降、中国は軍改革に関する一連の決定を公表しており、16(同28)年1月には戦略支援部隊などの新設が発表された。同部隊の任務や組織の細部は公表されていないものの、宇宙・サイバー・電子戦を担当しているとの指摘がある。

翻译:98日以来,中国宣布了一系列军事改革决策,并于116日宣布建立新的战略支援力量等。虽然该单位的任务和组织的细节尚未公布,但有迹象表明它负责太空,网络和电子战。

   小编翻译到这里已经完全对日本所谓的《国防白皮书》失去兴致,纯粹的黑化中国。 小编带搭建看看最新的日本《平成30年版防卫白书》为战争又做了哪些准备。



image.png

 

为白皮书某些内容献上来自黑客的白眼。

【以下是最新日本白皮书中的一个防御应对机制】


image.png

 

平成302018)年度においては、日々高度化・巧妙化するサイバー攻撃に適切に対応するため、サイバー防衛隊を約110名から約150名に増員するほか、陸・海・空自衛隊のサイバー防護部隊についても増員することとしている。これにより、サイバー攻撃対処を行う部隊の規模を約350名から約430名へと拡充することとしている。

翻译:通过这样做,我们将把处理网络攻击的单位的规模从大约350人扩大到大约430人。最后一句说要扩大网络攻击单位到400多人。同时海陆空还要扩大规模。

3)米国との協力

同盟国である米国との間では、共同対処も含め包括的な防衛協力が不可欠であることから、防衛当局間の枠組みとして「日米サイバー防衛政策ワーキンググループ」(CDPWGCyber Defense Policy Working Group

翻译:与美国的合作

在美国,盟国之间因为合资协议,其中包括全面的防务合作是必不可少的,日美网络防御政策工作小组为防务部门之间的框架:(CDPWG网络防御政策工作组)” ” 小编认为不必要再翻译了,标题就是要与美国勾结。

防衛当局間の枠組みである「日米ITフォーラム」の開催、米陸軍のサイバー教育機関への連絡官の派遣を通じ、米国との連携強化を一層推進していくこととしている。

翻译:防衛当局已经决定从美国陆军派联络官,来与美国进一步合作

 

这里,读者是否奇怪在最新白皮书中并没有多少抹黑中国的言论。你错了,它在一开头就已经写明东亚的战况概览,对中国的安全报告都在另一个窗口。


image.png

image.png

看看日本是要将抹黑中国进行到底了。亏他们还写的是汉字。都不用翻译就知道他们在讲什么鸟语。
image.png

扪心自问,我华夏对你大和不薄。何苦如此。

 

  但是,小编同时分析,日本对我国的忌惮使得日本国防部要成立专门的研究机构。同时说明了,中国的国力日渐强盛。迫使日本不得不去重视中国的每一个举动。在日本的报告中同时还指出中国的导弹射程。

image.png

小编在这里仅仅带大家从国家官方的层面看待了一下,日本对网络安全的重视,同时,我们也从平成27年与最新的平成30年(2018)年度的国防白皮书看到,日本对我国的监控已经进准到小数点后4位的程度。对我国的官方恶意言论攻击很早前就已经开始。从日本国防部的战略白皮书中,也可以看出,日本近年来一直在将中国做为假想敌。同时还在试图勾结美国。


在最后我进行曝光的是来自日本政府的一张卫星实景图,可以看到,日本有卫星直对北京,小编在这里担忧,如果日本此颗卫星上搭载对陆武器。那么,我们的国家仍然在威胁当中。小编呼吁我国信息安全行业应当对空间卫星安全也同时给予重视。毕竟,这是咱们的家。

  我们一定会粉碎日本的敌对野心。

相关参考链接

http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2018/html/nh000000.html 平成30年版防卫白书。

http://www.nids.mod.go.jp/ NIDS防卫研究所

 

最新评论

昵称
邮箱
提交评论

友情链接:FOFA FOEYE BCSEC BAIMAOHUI 安全客 i春秋 指尖安全

nosec.org All Rights Reserved 京ICP备15042518号